academy_top

SCREEN ACADEMY =ACADEMICROOM.はヘアデザイナーとしての技術を「理論」に基づいて教育していくアカデミーです。
技術への思考には色んな種類があります。感覚を大事に美容をされてる方も多いと思います。
感覚とは時に大きな力を発揮するモノだと思います。
しかし、感覚というモノはその反面、常に約束されたパフォーマンスを継続させることはできません。
そしてそれはスタッフ教育においても伝承ができなくなってしまいます。「型」を覚える方も多いと思います。
その教えられた型のスタイルを切る為には早い方法かもしれません。
ですが、型で覚えた技術は新しいスタイルへの応用ができなくなってしまいます。ウイッグの黄金比の球体
で覚えた型の技術は、何通りもある様々な骨格に対応できるのでしょうか?
これらは、僕が美容を初めて最初にぶつかった大きな壁でした。経験し悩んだ上で、技術への「理論」を
常に追求していきました。
一つ一つの動作に「理由」を探していきました。一つ一つのセクションに対する、スライスのカタチ、
パネルの方向、ラインの角度、頭皮の角度との関連性、毛髪の浮力など、全てのモノに「理由」があれば、
感覚や型だけに頼る思考は無くなります。そして、それは時に新しい理論さえも生み出します。
「理論」というモノは一見、複雑で得るには時間や手間がかかるモノにも感じられるかもしれません。
しかし、何通りものスタイルや新しいカタチを創るためには本当の近道になると思っています。
acade_contact